おなか周りのダイエットには腹斜筋を鍛える腹筋運動がおすすめ

繰り返しダイエットをして、体重を減らすことはできているけれど、おなかがでっぷりとしたままだという人もいます。昔は適度に引き締まっていたおなかも、年をとるにつれてぜい肉でたぷたぷしてきたと感じている方もいます。いつの間にかついてしまったおなかの脂肪を取り除くには、果たして、どんなダイエットが役立つでしょう。全身を引き締めるためのダイエットとは別に、おなかの周囲の肉を燃焼させることが重要になります。ダイエットのために、自宅で筋トレを続けているという人がいます。腹筋運動もダイエットには役立ちますが、よりおなか痩せを目指すなら、腹斜筋を使う腹筋が効果的です。基本的な動作は腹筋と同様ですが、上半身にねじりを加えるように意識しながら起きるようにします。膝を曲げて仰向けになり、普通に腹筋をしつつも、右のひじが左のひざにぶつかるような姿勢を思い浮かべながら、運動をしていきます。左肘を右の膝に近づけるようにしてから、もう一回運動を行います。右、左、右、左と順番に上半身をひねり、両腹斜筋を強化します。普通に腹筋をするよりもハードな運動になりますが、時間をとらずにおなかのダイエットをすることができますので、効率的にウエストを引き締めることが可能です。ダイエットを頑張る以上は、ただ体重を減らすのではなくて、こうなりたいと思っている自分の姿を目指したいものです。くびれたおなかになるためにも、腹斜筋を使う腹筋運動を続けるようにするといいでしょう。ルーナハーバルサプリを飲んでみた!